液状化抑止工法|株式会社八戸重機

液状化抑止工法

特殊鋼矢板である排水機能付鋼矢板の圧入が可能です。地震による地盤の液状化が想定される地域では、構造物の周囲を排水機能付鋼矢板で囲うことで構造物の耐震化と液状化対策が同時に実現できます。おもに、建築物、道路構造物や河川・港湾堤防で採用されています。

(排水機能付鋼矢板圧入工法)

排水機能付鋼矢板圧入工法01
排水機能付鋼矢板圧入工法02
排水機能付鋼矢板圧入工法03